「井戸」指導記録   (S63.2 豊郷小5年)
教材文
教材解釈  
ひとり勉強の手引き
初めの感想  
一斉学習① 井戸のイメージを描いた場面  
一斉学習② 「水汲みをさせられる丑」を読む  
一斉学習③ 「フウとためいきをついて」の追求  
一斉学習④ 井戸へ入る役を丑におしつける場面
一斉学習⑤ 「おらやだよ」とつぶやいた場面 (記録欠落)  
一斉学習⑥ 「寒そうな顔をして」の追求  
一斉学習⑦ 「丑はだんだん大たんになってきた」の追求  
一斉学習⑧ 「上を見上げると、ポッカリと、おてんとうさまのように円い、明るい空が見えて、そこから、三つ四つ、小さい顔がのぞいていた。」の追求  
一斉学習⑨「丑は、ハッとして「「よおし!」
と大声で怒鳴った。声は、うつろの壁にひびいて、ゆかいそうに上へ消えて行った。」の追求 
 
一斉学習⑩「「フットボールの皮をきたなそうにつまみあげるとそれを足の下のつるべにぶちこんだ」の追求   
一斉学習⑪ 「丑は、近づいてくる頭の上の円い光を見上げながら、口笛をふきふき上って行った。」 の追求  
学習後の感想